SPEED SHOP ITOのブログ

SPEED SHOP ITOのブログ

カワサキ空冷Z系のカスタムやチューニングを得意とする、岐阜のバイクショップ/スピードショップイトウ

 

GPz750用ステップキット

当店オリジナル商品の83~85GPz750,ターボ用のステップキットの紹介です。
今日取り付けた車両があったので、細かな?ところを紹介したいと思います。
まずは純正ステップの全体像です。
画像 002
画像 005
この車両はA3をベースにフルレストアされています!
どこもかしこもきれいです。
マフラーも当店オリジナルの4-2-1です。レーサーと同じものを角度を純正に合うようにして取り付けてあります。
マフラーも今回秘蔵のものに交換するのでステップと共に取り外します。
画像 001
○をつけた2箇所がステップ取り付けの座になるのですが、ここが問題なんです。
上下で少し段違いになっているのですが、個体差が大きく困ります。
5mm差のものが多いのですが、この車両は右が3mm差左が5mm差でした。
ここにはカラーを挟みベースプレート1を取り付けるのですが旋盤でカラーを合わせ取り付けました。
画像 002
5ポジションです。
GPz750用ステップは多くのメーカーから出ていませんが、バックでアップなものが多いのでロングだとひざが疲れてきます。ノーマルの位置がかなりいいと思うので1ポジにしてノーマルより1センチ上の位置で製作しようと思ったのですが、「らしい」ポジションが好きな方や身長の差など、2009年もう今後GPz750用のステップを開発販売するところはないだろう!?という思いで数少ないすべての方に満足していただけるよう5ポジションにしました。

1センチ上。2センチ上。2センチ上で1センチ後ろ。3センチ上で1センチ後ろ。3センチ上で3センチ後ろです。

今回は1センチ上で組みました。
ブレーキ側です。
画像 010
マスターシリンダーは現行のヤマハ用を使用して消耗パーツの対応年数とリーザーブタンクレスで一体化を図りました。
すでにGPzのマスターシリンダーはアッシーでは出なくて、パーツのみの供給で大事なパーツがそろいますが、総額で15,000円くらいするのと、取り付けボルトのピッチがローソンなどとは同じですが、その後世代のゼファーなどとも違うため今後のことを考えると、汎用性が高いパーツを選択したほうが後々いいと思うからです。
スイングアームとカツカツになり何度も試作パーツをつくり確認しました。
画像 004
画像 009
ヒールガード兼タンデムステップステーをつけるためにマスター用のボルトは低頭ボルトを使用しています。
便利なのですが、工具のサイズがひとつ小さいサイズになるので、なめたりしやすいので注意が必要です。
画像 006

タンデムステップを取りつけた写真です。
_DSC89541.jpg


チェンジ側です。
画像 018
こだわったのは通常6mmのピロボールを使うステップが多いのですが、ロッドがまれに曲がっているものがあるので8mmピロを使い13mmの六角棒にしたところです。
画像 020
ピポットシャフトとの位置がきもです。
最近になって多くのステップメーカーさんも気づきだしたようで、いい位置に作ってきてますね。

それと派手にならないようにペダルも作りました。
Z用のペダルもデザインは同じなのですが、穴があいていかにも軽量していますってのはやめました。
だけどそれじゃあ芸がないので裏側を肉抜きしました。
画像 014
画像 013
ベアリングも2個使用してアルミのカラーで挟むとアルミが減ってきたりするのでステンレスの薄いものを削りだして左右で挟んでいます。(写真を撮り忘れたので後日追記します)

取り付けた後の全体像です。(きれいに写っていません。すみません)
画像 012

明日はマフラーを加工します。

ブログランキングに参加してます。ポチッとよろしくお願いします!!
 にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ




関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 03 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:SPEED SHOP ITO
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
ブログランキング
ブログランキングに参加しております!

Archive RSS Login