SPEED SHOP ITOのブログ

SPEED SHOP ITOのブログ

カワサキ空冷Z系のカスタムやチューニングを得意とする、岐阜のバイクショップ/スピードショップイトウ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

83'GPz1100 修理2

IMG_8398.jpg
その1の続きです
オールペイントも作業させていただきました。
GPzの純正塗装にできるだけ近くなるように、デッドストックの新品外装や中古のオリジナルラインの外装を持っています。
塗装は外注さんにお願いしているのですが、細かい注文をするので助かっています。
今回はA1ファイヤークラッカーレッドです。
アッパーカウルは
IMG_1758.jpg
テールカウルは
IMG_3143.jpg
よ~く見てください。GPzのラインは先端がとがっているところと丸くなっているところがあります。
レイニーレプリカは尖って塗装して大丈夫です。純正風となると丸いところは丸く尖っているところは尖っていないとダメなんです。
タンクのKawasaki、サイドカバーのGPz1100、テールカウルの半艶のユニトラックKawasaki、画像にはありませんがヘッドライトの上のGPzのステッカーもオリジナルで作っています。
画像 100 - コピー
このような感じで納車させていただきました。
それから2年、遠方のお客様なのでお久しぶりです。
車検に持ってきてくれました。
2年間乗って整備したところは快調とのこと。インジェクションが調子悪い時があるのでキャブレターに交換したい。
試乗させてもらって前から気になっていたシートの改善を提案しました。
もともとあんこ抜きがされていて、身長が高い方じゃないので「これは、これで気に入っている」とのことでした。修理総額もかなりいっていたので今後のお楽しみということで。

今回はFCRキャブレター口径は35mmです。GPz1100ノーマルエンジンにFCR35.37.39を自分で試しましたが37と39は3000rpm以下がどうしてもうまくいかず(点火系もほとんど壊れないのでノーマルが多い)35しかお客さんには取り付けたことがありません。それでも抜け気味のマフラーの場合など結構苦労します。
㊙セッティングを見つけてからはいい感じです。(もちろんオール京浜製です)
SSITOでは最近はパワーフィルター仕様が多いので使うフィルターはもっぱらDNAです。
K&Nと比べてジェット類がファンネル仕様とあまり変わりません。K&Nだと5~8PS落ちますがDNAは成績いいです。
消耗しやすいFCRはパワフィル仕様がいいのではないでしょうか?
IMG_4343.jpg


出来上がったシートがこちら
IMG_1096.jpg
表皮のパターンはもともとの表皮パターンを真似して製作。
フロント部分のスポンジを総入れ替えしてチョイハードにしています。(レースに使うバイクは、ばりハードです)
お客さんはだいたい、疲れるから柔らかいスポンジがいいと言いますが、僕は絶対にちょい硬めのスポンジの方が疲れないと思います。確かに乗り始めは硬いなって思いますが長時間乗っていると柔らかいものやへたったスポンジの方がお尻の位置をちょくちょく動かさないとつらいと感じます。
あんこ抜きに関しても、抜いてほしいと言われると盛りたくなります(笑)
おしりから太ももの形を思い浮かべてください。
またの下部分は全然広くないのです。股間(失礼!)からすぐ太ももが生えているので『ベタっ』とあんこ抜きをしてしまうと又が開いてしまい、よけい地面と遠くなります。
あんこ抜きをしたい人はたいがい足が短くてお悩みですから(失礼!)なるべく無駄にしてはいけないのです。
極端に言えばシートの先端をとがらして三角形にしたほうが足つき性はよくなります。
スッっと地面に足が伸びるようなイメージです。
そして!!GPzは特にですがタンクの前後長が長いバイクはシート上面前方を地面に対して水平にするようにしています。そうすることによって、下半身の自由度が増しておしりを前後に動かしやすくなりオートバイを操りやすくなります。
シート改造はとても好きで話が長くなりました。
でも、実は完成して試乗したら太ももに少し当たって違和感を感じましたので現在手直し中です(笑)
そんなこともあります。それくらい大事なことだと思っています。

追加で頂いたのがオイルキャッチタンク。
IMG_2654.jpg
専用に設計していますのでボルトオンです。
当店推奨部品の内圧コントロールKITのレデューサーが内蔵されたものもありますが、今回はキャッチタンクのみの仕様です。(次回レデューサーつけましょうね!)

そうそうFCR取付に当たってGPzはアクセルワイヤーが1本引きなのでハイスロに交換です。
SSITOはアクティブ製のスロットルKITを使用します。
アクセル開度が選べてキャブレター単体で開度が狭くなり街乗りでは40度以上のスロットルだと段差を乗り越えた時に思いもせずに加速したりすることがあります。
開度のゆるい物を今回は選択しました。
それにともない右側スイッチを薄く切るか交換するのですが、へ垂れてきてるノーマルスイッチをカワサキ純正のものを配線加工して取り付けています。GPzオーナーの方いつでもご相談ください。
IMG_4579.jpg

右側を交換するなら左は??ということになり念願のプッシュキャンセルスイッチです。
こちらもカワサキ純正部品を加工しています。チョークレバーのないZRX1200ダエグの物を加工しました。
常時在庫有りますよ~
IMG_4531.jpg
前回紹介したサスアームシャフトはこちらの部品です。
IMG_9458.jpg
ブログを見られたGPzオーナーの方から電話をいただき少し前にRサス交換をしてもらったけどそういう指摘はなかったしオーナ様自身もどこの部品がどういう構成になっているのかもわからないとのことでした。このプラスねじで固定されているシャフトのことですよ~大事ですよ~

手直ししてもらったシートが今日できてきたので明日にでも試乗してみます!!
よければ完成です。
オーナー様連絡させていただきます。
IMG_9574.jpg

スピードショップイトウ
代表 伊藤晶雄


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
http://www.facebook.com/home.php#!/speedshopito



関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 03 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:SPEED SHOP ITO
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
ブログランキング
ブログランキングに参加しております!

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。