SPEED SHOP ITOのブログ

SPEED SHOP ITOのブログ

カワサキ空冷Z系のカスタムやチューニングを得意とする、岐阜のバイクショップ/スピードショップイトウ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

デッドオアライド エントリー開始!

デッドオアライド19を4月8日に開催いたします。
昨年までと同様に行います。
エントリーはこちらから
お問い合わせはお気軽にこちらより
開催クラス
Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス 計4クラス
開催場所
鈴鹿ツインサーキットGコース
4月8日  9:00~16:00
参加費用
16500円

カスタムメーカー及びカスタムショップのテントブースも同時開催です。

Aクラス 45秒~
サーキット走行初心者向けのクラスです。
装備は皮ツナギ装着が望ましいですが、皮ツナギでなくとも走行できます。
そのため基本的に追い越し禁止となります。

Bクラス 42秒~44秒台
中級クラスです。
Bクラスより皮ツナギの装着が義務付けされます。
Aクラスで物足りなくなった方、ある程度サーキット走行は経験あるが自信のない方までじっくり練習していただけます。

Cクラス 40秒~41秒台
同じく中級クラスです。
その上の上級クラス(D)まではいけないけど追い越したり追い越されたりするのが、怖くなく楽しくなってきた方向けのクラスです。

Dクラス ~39秒台
上級クラスです。
自分より速い人と走りたい方ばかりです(笑)

以上の4クラスで開催しています。
ある程度タイム分けになっていますので1度参加された方はどのクラスが適切かすぐにわかります。
初めての方も相談していただければいい所に配慮いたします。

昨年より導入したより安全性の高い方向を目指し煮詰めていきます。
走行時間は1本目2本目が完熟走行として15分間
この2本はA~Cクラスの方向けに先導走行いたします。

3本目からも15分間の走行となります。
朝の9時から走行が始まりフリー走行4本と模擬レースをしています。
模擬レースとは1周から2周のサイティングラップ(タイヤを暖めるための走行)後グリッドに付きレースさながらの雰囲気を味わっていただきます。
10周のレース方式です。

*タイヤウォーマーの使用の制限もあります。
模擬レース前の使用は禁止します。
SSタイヤはきちんと温めないとグリップを発揮しませんが、デッドオアライドはオートバイの運転の向上を目指すサーキット走行会でいきたいと思いますので、タイヤの温まるまでの運転も大事だと思っています。
街乗りしているバイクでの参加者の方が大半を占める、デッドオアライドですのでご理解いただけるとうれしいです。



1昨年からはじめた無料体験走行を今年も開催します。
鈴鹿ツインサーキット様のご好意で12時5分からのお昼休みの約15分で開催します。
この体験走行は参加者さんによる先導走行付で決してコーナーを攻めたりはしません。まずはサーキットの中を走っていただくのが目的です。
普段はお供されている奥様や恋人、そしてお子様などとのタンデム走行もOKとしています。
決して理解してくれとは言わないけど、こんな景色の中で走っているんだってことぐらいは理解してくれるでしょう(笑)

オートバイ関係の業者様が基本になりますが、テントブースへの出展もお待ちしています。
オートバイ関係じゃない、走り系じゃないオートバイ関係の方々もふるってご参加ください。
ご参加希望のお店さんならびにメーカー様はスピードショップイトウまでご一報ください。

今年の開催は
7月22日
10月2日
ご予定にいれておいてください!

昨年からネットでのエントリーも運用しています。
こちらより
http://ws.formzu.net/fgen/S40199014/
エントリー状況
Aクラス 1名
Bクラス 2名
Cクラス 4名
Dクラス 3名
ご質問などお気軽にお問い合わせください。

スピードショップイトウ
代表 伊藤晶雄


関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

SPEED SHOP ITO

Author:SPEED SHOP ITO
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
ブログランキング
ブログランキングに参加しております!

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。